2009年11月23日

さんまの干物

紅葉
(世田谷の紅葉)

さんまをまとめて買った日は干物を作って冷凍しておきます。
以前は昼間ベランダに干して仕上げていたのですが、最近は寝る前にキッチンの流しの上に引っ掛けて干しているんですよ。
そんな日に限って、夜中に酔っぱらって帰ってくるトドラッコだんなは「うお〜なんじゃ〜」とか言いながら電気もつけずに流しで水を飲むので、たまにオデコにさんまが当たるそうです。ぷっ
さんま干物
【さんまの干物の作り方】
レシピ:さんま 塩
------------
1リットルの水に50gの塩を入れた塩水を作って冷ましておきます。濃度5%塩水のつもりなんだけど合ってるかな〜。

さんまをサバキます。一番簡単にやるにはトドラッコだんなを褒めて褒めて褒めまくり、なんとか台所に立たせる事。ホメゴロシが聞かない時はしょうがない、包丁いっぽん〜さらしにまあいいてえ〜♪と歌いながら頑張ります。
さんま
新鮮なさんまは口先が黄色くて目が澄んでいるそうです。今回のさんまくんはどうでしょ?
さんま
頭の部分をペラッとめくりエラの根元に切り込みを入れ、取りだします。
さんま
頭の横に切り込みを入れて背中から開きます。ワタシもいまだコツがつかめてないのですが、刺身にして食べるわけではないので、背骨を切ってもいい位のつもりで思い切りよく包丁を入れた方がうまく行くように思います。
さんま
ワタを取ったら薄い塩水で血合いを綺麗に洗い流します。血合いが残ると苦くなってしまうそうです。頑張って綺麗にしよう〜。

ここまできたらあとは簡単。
先に作った塩水に1時間程度つけた後、風通しの良い日陰に干します。

今回は下ごしらえした魚を脱水シート(ピチット)に包んで冷蔵庫一晩置いてみました。お手軽簡単でよかったです。

ワタ味噌焼き
*下ごしらえの際に取り出したワタを使って、いつもの居酒屋さんに教わったワタ味噌焼きも作ってみました。
さんまのワタと味噌をあわせた調味料に漬け込んで食べます。
これまた日本酒グイグイ、オツな味でございましたよ。


食材の水っぽさや生臭さを取り除くシート。ピチット 36R ミニ
パンチェッタも作れちゃう便利なシートです


posted by ルコラッコ at 13:18 | Comment(4) | TrackBack(0) | さかな料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
こんなシートがあるんですね!びっくり!
ついつい動画まで見ちゃいました(笑)

一夜干しもワタ味噌焼きも美味しそうですねぇ。
猫が大暴れしそうですが、僕も写真だけでテンションが上がっています(笑)
Posted by あひる課長 at 2009年11月23日 20:21
あひる課長さんへ
こんばんは。そうですね〜。ニャンコ大騒ぎは必須かも。だって美味しいそうな香りがたくさんしますからね〜。
是非是非ニャンコちゃんたちと一緒に楽しんでくださいね。
Posted by ルコラッコ このアイコンは投稿者が真の管理人である事を証明します at 2009年11月23日 22:32
干物を食べない我が家のトドさんですが
手作りなら食べるかもしれませんね!?
〜ワタと味噌〜泣いて喜びそうですが
どうも苦手な私。。。

Posted by メロンパン at 2009年11月25日 07:44
メロンパンさんへ

こんにちは。コメントありがとうございます。
あら〜メロンパンさんのおうちのトドさんは干物を召し上がらないのですね。
それはやっぱり新鮮なお魚が沢山手に入るからかもしれないですね!いいな〜
Posted by ルコラッコ このアイコンは投稿者が真の管理人である事を証明します at 2009年11月26日 17:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。