2009年11月28日

鮭きりこみ

佐藤水産
(佐藤水産の切り込み)http://www.sato-suisan.co.jp/

今年の夏のサッポロステイで出会ったおいしいもの。切り込みで〜す。
マチ(繁華街の事をマチと呼ぶ)の日本酒居酒屋さんで出会ったのですが、もうホント日本酒に合う、合う。はじめて食べて以来すっかりファン になってしまいました。
お魚と麹を混ぜて発酵させたもので、にしんで作るのがポピュラーだそうです。なんとか自宅で再現したいということで、作り方を教えていただいて試しにつくってみました〜。
【鮭の切り込みチャレンジ1】
レシピ:生鮭200g 麹30g 酒大さじ1/2 塩小さじ1強 唐辛子1本
------
切り込み
生鮭は軽く塩を振り水抜きをして食べやすい大きさに切る。
今回は吸水シートで包んで一晩おきました。
麹は少量のだし汁でふやかしておく。
切り込み
他の材料もすべて合わせてタッパーに入れ冷蔵庫へ。
一日1回かき混ぜて熟成させる。2週間目位から食べられる。
切り込み
2週間過ぎたころの様子です。味は美味しいのですが色が抜けてしまっています。これでいいのでしょうか??

<仕上がりメモ>
・水分が多く麹も多い気がする。次回は麹を減らしてみます。
・もう少し塩気があってもいいかも。
・飯寿司の様に麹とお米を混ぜた方が綺麗に発酵するかも??

味はおいしい〜〜。日本酒のつまみにもってこいです。4週間過ぎたころから変色が激しくなってくるので1ヶ月くらいで食べきったほうがいいようです。


【切り込み作りの最新記事】
posted by ルコラッコ at 11:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 切り込み作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
凄いっす!切り込みまでつくられたんですか!
いやぁ、美味しそうですけど、それよりも凄い!

実家ではやっぱりニシンの切り込みでした(^^)
酒がガンガン進んじゃいますね♪
Posted by あひる課長 at 2009年11月28日 22:53
え〜!ご実家では切り込み作られているのですか?いいな〜
私達は今回始めて知ったんですよ。ほんと飲んべのためのつまみですよね〜。
Posted by ルコラッコ このアイコンは投稿者が真の管理人である事を証明します at 2009年11月29日 16:08
(^^)主人と食い入って見てしまいました(笑)
これから年末年始会ったらいいな〜と思う1品ですね。
作ったことはないのですがなんだか手間いらずで私向きかも!(^^;
こういうレシピとっても有難いです!
心配なのはこんな綺麗な鮭が手に入るかどうかです(ーー;
Posted by メロンパン at 2009年11月29日 22:24
メロンパンさんへ
こんにちは。
そうですねえ。生鮭もにしんもそんなにしょっちゅうあるものでは無いですもんねえ。
只今鮭に変わるお魚考え中です。レシピ改良版もまた載せるのでお楽しみに〜。
Posted by ルコラッコ このアイコンは投稿者が真の管理人である事を証明します at 2009年11月30日 16:01
切り込みって食べた事はないのですが、「いやぁ〜食わせてくれぇ〜〜!」って独り言、何度もつぶやいていたさっき。
こちらでは生鮭(正しくはサーモンですが)は年中買えるけど、麹が・・・ 今度日本のスーパーに行った時、探してみようと思いまふ。サーモンだとまた味が変わってくるかも?!
Posted by kiki at 2009年12月02日 06:56
kikiさんへ
こんにちは!
切り込みに使うお魚は油が多い方が美味しいそうなので、サーモン(いわゆるキングサーモン?)もバッチリだと思いますよ。
でも麹は…さすがに作るのは大変ですからねえ。日本スーパーにあるといいですね。
私もkikiさんが麹を手に入れるまでにレシピ完成するよう頑張りますね!
Posted by ルコラッコ このアイコンは投稿者が真の管理人である事を証明します at 2009年12月02日 12:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。