2011年05月21日

ゆで卵のしょうゆ漬けの作り方

ゆで卵
【ゆで卵のしょうゆ漬け】
おかずにもつまみにも便利ですなあ。
-----
レシピ:卵 しょうゆ みりん

1)ゆで卵は、鍋に水と卵を入れて火にかけ沸騰したら5分加熱する。終ったらすぐに流水で冷やす。

2)しょうゆ、みりん、水を1:1:2で混ぜてつけダレを作りゆで卵を漬けて1日以上置く。

*写真は漬けて3日目の様子です。つまみにしてはちょっと薄味かも。。水の量で調節してください。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村参加中
タグ:副菜
posted by ルコラッコ at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちんみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

ヒズなます

パンダ
(近所のパンダ)

前回に引き続きトドラッコだんなのヨメ自慢話です。

トドラッコだんなはワタシと一緒の時もそうでない時もヨメ自慢をかかさないようです。

お陰さまで結婚してからというもの「綺麗ですね」とか「優しくて素敵ですね」とかおよそ結婚前には誰からも言われた事の無いようなホメ言葉を色んな方から言われるようになりました。それもこれもトドラッコだんなの普段の努力のタマモノ…

とってもありがたいことなのですが、そんな訳なのでトドラッコだんなのいきつけの店や友人・知人に初めてお会いする時はだいぶキンチョーします。
トドラッコだんなが褒めに褒めちぎった素敵ヨメのイメージを壊さないようにしようと、できるだけしゃべらないようにしています。
と言いつつお酒3杯目くらいで忘れちゃうんで、翌日ちょっと反省します。
ああ〜素敵ヨメの道はキビチイ。
ひずなます
【氷頭(ひず)なます】
鮭の頭の軟骨部分を「ヒズ」と呼ぶそうです。檀流クッキングを見て以来作ってみたいと思っていたんですよね〜。お酒のお供に…
-----
レシピ:鮭の頭 酢 醤油 砂糖

鮭の頭はお魚屋さんで氷頭なます用に薄くスライスしてもらいましょう。

持ち帰ったヒズは、生鮭の場合は軽く塩をして10程度置き臭みを取る。塩鮭の場合は30分くらい水につけて塩出しをしておく。
水気をふき取ったらお酢に2時間から数日漬けておく。

檀せんせいはこのまま食べちゃうそうですが、酢がきついので、食べるときに三杯酢に絡めて食べます。三杯酢で和えた状態でも2、3日は日持ちします。好みで大根や人参と和えます。
檀流クッキング (中公文庫BIBLIO)
檀 一雄
中央公論新社
売り上げランキング: 12482
おすすめ度の平均: 4.5
5 おいしいです
4 素敵だ!
4 内臓の料理など
5 知的な知的な料理本
5 「塩少々」であって、「小さじ1/2」なんて記述はこの本になし


氷頭なます「ヒズナマス」鮭軟骨の甘酢漬



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村参加中
posted by ルコラッコ at 11:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | ちんみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

いくらの醤油づけ

大雪山
photo:大雪山にて

現在東京復帰中のラッコ夫婦ですが、今年の夏はサッポロステイでした。約1ヶ月トドラッコママと素敵な日々を一緒に過ごさせていただきました。
トドラッコママはおしゃれで明るくて楽しくて、最後まで武士の様な生き方を貫いた女性でした。最後まで弱音を吐かない姿は、誰にも真似できないものすごさを目の当たりにしました。
詳しくは機会がある時にお話しするかもしれません。

すごいカアチャンから生まれたトドラッコだんな。さぞかし寂しいと思うのですが、サッポロでもがんがん飲みまくってました。
何しろ20年ぶりの帰省だそうで、行く所行く所先輩やら後輩に出会って芋づる式に飲み仲間ネットワークができちゃったみたいです。そんな訳で、ラッコ夫婦は身も心も一回り大きくなって帰ってきましたよ。

東京に帰った翌日に、ご近所さんみなさんで集まっていただいたのですが、第一声が「ちょっと太ったんじゃない?」。ううっ。するどすぎる一言…。見なかったことにしてください。

美味しいサッポロの誘惑には勝てなかったラッコ夫婦です。美味しいものも沢山見つけたので追々紹介していきますね〜。
いくらの醤油漬け
【いくらのしょうゆ漬けの作り方】
今時分は秋鮭が季節だそうで、サッポロでも生鮭や生筋子が沢山売られていました。スーパーで普通に半身の鮭が売っていたのにはなんだか「さすが!」って思っちゃいます。

まず生筋子の身をほぐします。
40度位のぬるま湯に塩少々と生筋子をいれて、丁寧に身をほぐしていきます。面倒と言われていますが、意外とあっさりいけちゃいます。
終わったらお湯を捨ててボールの側面からお水を注ぎます。
軽くかき混ぜると細かい皮などが沢山浮いてくるので、お水ごと流してしまいます。身は流さないように注意してくださいね。
ほぐし残しがないか確認しながら、水を何度か取り替えます。皮があまり浮いてこなくなったら完了。ザルにあけて水気をきっておきます。

お餅などを焼く焼き網の上に生筋子を乗せてぐりぐりするだけで身をほぐす方法もあります。

つけ汁は、だし汁・日本酒・醤油(甘みを足したい時はみりん)をあわせてつくります。日本酒はできれば煮きったものがいいのでしょうが、ワタシはそのままいっちゃいます。味見をしながら気持ち薄めの味付けにした方が手作り感があって好きです。

水をきった筋子につけ汁をあわせて2時間〜一晩冷蔵庫に入れておけばできあがり。
日本酒の替わりに白ワインで作るとこれまたサッパリ美味しいしょうゆ漬けになります。


今が旬の「上物生筋子」タップリ1kご家庭でいくら醤油漬にチャレンジ★

焼き網22×22cm





ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村参加中
posted by ルコラッコ at 15:30 | Comment(5) | TrackBack(0) | ちんみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。