2010年09月08日

そば打ちメモ6

そば
最近そばのことしか書いてないですね。だって上手にできないんだもん。>>前回はこちら

先日とうとう「そば打ち体験教室」なるものに行って参りました。
8割がた先生がやってくれた&ちゃんとしたお道具のお陰か美しいおそばをいただくことができましたよ!
ほら、茹でる前から美しい〜〜。
そば
先生曰く「習ってないのによくそば作る気になったね〜。」とのこと。
普通は習ってから作るものみたいですね。なんでそんなに難しいんじゃろか。

その後自分で作ってみたのがこちらです。長さは短いのですが、切るのだけは上手くなったよ〜。
100825_3.jpg
詳しい手順は次回まとめようと思いマス。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村参加中
posted by ルコラッコ at 14:21 | Comment(8) | TrackBack(0) | そば打ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

そば打ちメモ5

蕎麦
まだまだ続きます。蕎麦です。>>前回はこちら
-----
レシピ:そば粉160g 小麦粉40g 水102cc(51%)
作り方:
1)粉をふるって水を加えて全体にいきわたらせる(水回し)
今回は「水回し」について名人の技をyoutube予習〜。
ネコが毛糸で遊んでいるようです。興味のある方はどうぞ>>
皿
入れ物はラッコ家で一番大きい平皿にしてみました。
割と良い感じでしたが粉がこぼれやすかったです。何か良い代用品はないもんですかね〜。

2)ある程度固めたらこねる
100812_3.jpg
こね終わったところ。黄色っぽいです。

3)麺棒で伸ばして包丁で切る
のし
のばし終わったところ。
ヒビは入らなかったのですが、生地が柔らかすぎて土台にくっつきぎみ。薄くのばすことができませんでした。
蕎麦
そして茹で上がり。
トドラッコだんな曰く「つるつる感がでてよい」とのこと。
確かにちょっとつるっとした感じになってます。うふふ〜。あとは細く長くを目指して頑張りたいものです。

<仕上がりメモ>
・前回と同じ水分量なのにすいぶんと生地が柔らかくなってしまった。次回は水分量を減らしてみよう。
・水回し同様捏ねる作業も大切なんだそうな。次回はもうちょっと時間をかけてこねてみよう。

<次回レシピ>そば粉160g 小麦粉40g 水98cc(49%)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村参加中
posted by ルコラッコ at 14:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | そば打ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

そば打ちメモ4

お蕎麦
かわりばえのしない写真ですみませんっ。お蕎麦です。うまくできるまでお付き合いくださいませ。>>前回はこちら
レシピ:そば粉160g 小麦粉40g 水102cc(51%)

作り方:
1)粉をふるって水を加えて全体にいきわたらせる
今回そば粉変えてみました。せっかくサッポロ在住なので道産そば粉。
北海道はそば粉の生産量日本一で中でも幌加内(ほろかない)という所が有名らしいです。
そば粉
前回は鉢皿を使いましたが手が回らなかったので、台に直接粉を置いて水を加えた所、水が広がる広がる。
はみでた水の分量がよくわからないため計量の意味がない感じになってしまった。やっぱり何らかの入れ物は必要みたいです。

2)ある程度固めたらこねる
3)麺棒で伸ばして包丁で切る
のし
伸ばしたところ。いい加減な水の量の割には良い感じ?
蕎麦
切ったところ。写真で見るといい感じ。
蕎麦
ゆであがり。前々回と同じくらいのできばえ。
トドラッコだんな曰く「今までより味は美味しい」とのこと。やった〜。
そば粉のせいか??技術向上か??よく分からないけど前回よりちゃんとできてホッとしました。

<仕上がりメモ>
・水を混ぜるときの容器はやはり何か必要。引き続き代用品を考える。

粉と水を混ぜ合わせる作業を「水回し」と呼ぶそうですが、水回しがうまくできればだいたい美味しいお蕎麦ができるみたいです。
次回は再度この「水回し」を頑張ってみようと思いますっ。

<次回レシピ>そば粉160g 水102cc(51%)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村参加中
posted by ルコラッコ at 16:27 | Comment(4) | TrackBack(0) | そば打ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。